忍者ブログ

建物明渡・欠陥住宅不動産弁護士+知財

不動産投資歴30年の弁護士が、不動産投資や管理のコツ、賃料滞納による建物明渡について、日々の雑感を綴ります。時々、脱線して、カメラや相撲に話題がとびます。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
家賃滞納・建物明渡の相談は、不動産案件取扱件数トップレベルの森法律事務所へ
http://www.mori-law-office.com/fudousan/index.html


不動産投資には100倍基準という言葉がある。投資物件の坪単価と坪あたりの賃料は100倍を超えてはならないというルールである。
たとえば坪100万円のマンションなら、坪あたり最低でも坪1万円の賃料が回収できなければならない。

この100倍基準は、新築物件、あるいは自分で建築さする場合に適用されるから、中古物件購入には参考にはならない。

また、この100倍基準は、都心と地方では、だいぶ意味が異なる。
地方では、当初は投資金額の割に高い賃料が得られる。しかし、年月の経過とともに、急速に競争力を失い、すぐに、いくら家賃を下げても入居者が集まらなくなる。当初は、100倍基準を軽くクリアしても、すぐにクリアできなくなるのだ。
これに対し、都会とくに都心では、当初は、投資金額の割には高い家賃はとれないが、反面、年月がたっても競争力を失わない。100倍基準をクリアしていれば、それが将来クリアできなくなる恐れは少ない。

100倍基準は、都会、特に都心では、投資の参考になるが、地方では、参考にならない。

なお、100倍基準は、今の低金利時代には、あてはまらない。金利を考えると、125倍基準が妥当だとも言われている。

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[01/23 サイズ]

最新TB

プロフィール

HN:
森 公任
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 建物明渡・欠陥住宅不動産弁護士+知財 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]