忍者ブログ

建物明渡・欠陥住宅不動産弁護士+知財

不動産投資歴30年の弁護士が、不動産投資や管理のコツ、賃料滞納による建物明渡について、日々の雑感を綴ります。時々、脱線して、カメラや相撲に話題がとびます。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
家賃滞納・建物明渡・欠陥住宅の相談は、不動産案件取扱件数トップレベルの森法律事務所へ
http://www.mori-law-office.com/fudousan/index.html
03-3553-5916
賃貸、売買、欠陥住宅、そのほか不動産に関するご相談を承っております。何時でもお電話ください。


朝日新聞の「8月25日 11:21」のネット記事です。
「 ある日突然、暮らしている家や土地から出ていくよう迫られた――。大都市の地価が上昇するなか、地主から不当な立ち退きを求められたという相談が弁護士のもとに増えている。執拗(しつよう)な嫌がらせを受けるケースもあり、弁護士らは「ブラック地主」問題として実態の把握に乗り出した。」
「相談の増加を受け、借地・借家問題に詳しい東京の弁護士らが6月、「ブラック地主・家主対策弁護団」を結成した。法的根拠もないのに、借り主に不当な要求をしてくる地主を「ブラック地主(家主)」と呼び、対策を取り始めている。地主の業者が自家用車の前に車を止めて家から出られないようにしたり、自宅の軒先に「売地」と書かれた看板を突然置かれたりした被害もあるという。」

要するに、昔の地上げ屋まがいみたいな行為でしょうか。

こういうトラブルの原因は二つあります。
一つは、現在の借地借家法が、社会情勢の現実とかけ離れていること。昔も今も、借家法等で借家人や借地人は強力に保護され、いったん貸したら、ほとんど立退請求は不可能です。このような処理は、かっては、合理性がありました。深刻な住宅不足で、借家を追い出されたら、次の住居がなかなか見つからないという社会的背景があったからです。
しかし、現在は、慢性的に住宅は過剰であり、不動産賃貸市場は、完全に賃借人主導の市場になっています。借家人をここまで保護する経済的合理性はありません。
むしろ、一部の賃借人が居座るため、買い手もつかず、建替えもできない中古建物が市場にあふれ、社会経済的に大変な損失になっています。

もう一つは、不動産投資家に特有の行動パターンで、無理な借金をして、投資不動産を購入したあげく、資金的に追い詰められた一部の大家や地主が暴走することです。
無理な資金繰りをして土地付きアパートを購入した。全員退去してもらったが、一室に老夫婦が住んでいて、立ち退かない。これでは、売却も建て替えもできない、弁護士に相談しても、立退きは難しいという。しかし、このまま、あの夫婦にいすわられると、資金繰りが行き詰まり、支払い不能になる。そこで、嫌がらせをして、あるいは脅して何とか立ち退かせようと暴走してしまうわけです。

大家さん側からすると、「ブラック地主対策というけど、要するに、過払い金みたいに、金儲けのため、事件の掘り起こしをやっているんだろう」と言われる方もいます。かって、「過払い金返還の次は更新料返還事件だ」と色めきたった弁護士が少なからずいたことを考えると、大家さん側が、「事件の掘り起こしを狙った悪徳弁護士連中」と思いたくなるのはわからないわけではないですが、法律は法律。ブラック大家と言われないように注意しましょう。そのためには、無理な資金繰りはしないことが必要です。

なお、このような事件の背景には、近時の不動産市場の異常な高騰があります。ただ、現在、不動産市場は小康状態にあり、近日中に下落するという投資家もいます。現に、7月の東証REIT指数.TREITは暴落しましたが、8月・9月も値段は低迷したままです。やがて来る不動産市況をの鎮静化とともに、この問題は、終焉するはずです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

「図解で早わかり 借地借家 法」
森公任 監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=3945
三修社  定価: 1,890円(本体:1,800円+税)
「賃貸借契約を締結すると、貸主と借主は長期間にわたってつき合うことになります。
長期の契約の間に貸主と借主との間でトラブルが生じてしまう可能性は決して低くありません。
本書は、借りる側、貸す側のどちらの立場からも必要となる借地借家法の基本事項を中心に解説しています。
賃貸借契約においてしばしばトラブルになりやすい、敷金・賃料・必要費・有益費といった金銭がらみの問題は、図表を使いながらわかりやすく説明しました。



[専門家向け書籍]
「簡易算定表だけでは解決できない養育費・婚姻費用算定事例集」
新日本法規出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)
https://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_50910.html
■価格(税込):3,780円
平成27年9月発売
「★適切な養育費・婚姻費用を算定するために!
◆「養育費・婚姻費用算定表」を単純に適用できない、さまざまな事情を抱えた事例を取り上げ、増額や減額の要因となる事情別に分類しています。
◆各事例では、算定上の「POINT」を示した上で、裁判所の判断やその考え方についてわかりやすく解説しています。
◆家事事件に精通した弁護士が、豊富な経験を踏まえて執筆しています。 」
(おかげさまで爆発的に売れています。発売10日で増刷決定です)

[一般向け書籍]
1.夫婦親子関係
「カラー版 一番よくわかる 離婚の準備・手続き・生活設計」
共同著編者 森 公任・森元 みのり
2015年07月 発売
http://www.seitosha.co.jp/2_3950.html
2.遺産相続関係
「図解 相続・贈与・財産管理の法律と税金がわかる事典」
森 公任・森元 みのり 共同監修
2015年05月 発売
定価: 1,944円(本体:1,800円+税)
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4172
「最新 図解で早わかり
改正対応! 相続・贈与の法律と税金」
森公任 ・ 森元みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=3992
3.倒産法関係
「最新 図解で早わかり 倒産法のしくみ」
森公任 ・ 森元みのり共同 監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4054
(大学の倒産法授業でもテキストとして利用されているべストセラーです)
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[01/23 サイズ]

最新TB

プロフィール

HN:
森 公任
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 建物明渡・欠陥住宅不動産弁護士+知財 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]